投稿日時:

第153回 芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景2

贈呈式の始まりです。まずは賞の贈呈。続いて選考委員からの祝辞。選考で満票が入った直木賞の「流」はこれまでの受賞作のなかでも図抜けて評判が良いようです。

さて、いよいよメインの受賞者のスピーチです。何度も報道されているので内容にはふれませんが、壇上の受賞者の写真を撮ろうとカメラを構えたところ、あまりのライトの強烈さで顔が真っ白に。カメラ性能の良いスマホですが、報道陣のライト攻勢の前に撃沈…。

又吉さんのスピーチにお笑いは一切なし。作家・又吉直樹の印象をより強くしたように思えました。何よりも配布された小冊子に書かれていた文章が秀逸で(ここでは著作権上、公開できませんが)、感心しました。贈呈式の締めは日本文学振興会の松井清人・理事長の挨拶。この後、同じ会場での懇親パーティーに移行します。

改めてよく見ると、有名作家の方があちらこちらに。津本陽さん、宮部みゆきさん、村山由佳さん…、いつも大変お世話になっている大沢在昌さんがいらしたのでご挨拶。やはり、印象に残ったのはカラフルでキラキラ感がアップしていた志茂田景樹さん。孔雀の間のゴージャスな照明が引き立てます。いやーすごいです…。(続く)

P.S. AGFでは又吉直樹さんのサイン入り「火花」や「深い珈琲エッセイ」9作品が付いたBOOKボトルのプレゼントキャンペーンをやっています(31日まで)ご興味のある方は以下のサイトにて応募できます。http://blendy.agf.jp/bookbottle-cp/?_ga=1.110540741.1952855192.1414455883

加藤 隆之

バックナンバー:芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景1