投稿日時:

神楽坂モノガタリOPEN!

加藤製本の最寄り駅のひとつである、神楽坂駅の目の前に「神楽坂モノガタリ」という本のお店がオープンしたとのことで、早速見にいってきました!出口1(赤城神社のほう)からほんとうに目の前!のマンションの二階にあります。

IMG_2042

昨年11月にオープンしたかもめブックス、ラカグに続き、ご近所に本と出合う新しい場所ができるのは嬉しいことです。

「神楽坂モノガタリ」はブックカフェ。店内の本は購入可能です。許可を頂いてちょっとだけ撮影させていただきました。こんな感じのお店です。

IMG_2041IMG_2037IMG_2038IMG_2040

おしゃれ! テラス席もあった!

落ち着いた雰囲気で、珈琲を淹れるカウンターにはマスターらしき人もおりました。ビールやウィスキーもあるそうです。初日からたくさんのお客様がくつろいでました。

見所はなんといっても本棚。選書を手がけるのは久禮書店〈KUREBOOKS〉の久禮亮太さん。今年一月に店長として勤めていたあゆみブックス小石川店を退職され、フリー書店員としての活動を始められたとのこと(久禮さんの活動について詳しくは青弓社さんHP掲載中のこちらをごらんください こんにちは、久禮書店です)。

カフェに合わせて、文学、美術、音楽、映画、まちや暮らしなど。カルチャー系のジャンルが多い印象の本棚には硬軟織り交ぜた、しっかりとした選書が伺えました。これからお客様の様子をみながらメンテナンスを繰り返していくとのこと。久禮さんも週の半分はレジに立つ予定だそうなので、いろいろとお話を聞いたり、リクエストしたり、本を介したお店の人とのコミュニケーションも楽しみですね。

これからどんな風に変化していくのか、期待しています。