投稿日時:

本のフェスにいってきました!

本と人との新しい出合いの場として、「本のフェス」というイベントが初回を迎えました。
イベントの概要がこちらから http://www.cpfine.com/honnofes.html

場所は京都造形芸術大学の外苑キャンパス。

IMG_0316

 

 

 

 

 

 

平日の昼にも関わらず、たくさんの人たちが集まっていました。
正門を入って早々、怪しげな本棚に遭遇。

IMG_0327

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとり お籠もり読書空間「厨子本棚」だそうです。
内側からの風景はこんな感じ。

IMG_0317

 

 

 

 

 

 

本の背が迫ってきます。
すごい狭いのに、すごく落ち着く!

厨子本棚から解放されるやいなや、
目の前に見えるは文禄堂荻窪店さんのBook Route!

IMG_0319

 

 

 

 

 

 

噂の移動式本屋。現物を見たのは初めてだったので、しばし閲覧。
まだ正門入ってすぐなのに見応えがあって進まない感満載。たいへんだ。

B&Bブースや駅弁本屋の皆様を横目に見ながら建物内へ。
ときめきの本の雑誌商店街をさっと流して(本当はもっとじっくり見たかった!)、
目的地はここです。百書店の本屋祭!

IMG_0320

 

 

 

 

 

 

全国の本屋さんから「もし自分の店で10冊だけ本を売るなら」をテーマに集まった
気鋭の本たち。なんだかより輝いて見えますね。
弊社で製本した本もたくさんありました。嬉しいです。

IMG_0323

 

 

 

 

 

 

本を届けたい人たちの気持ちがていねいに伝わる場所でした。
同じ本を買うのでも、場所によってその買われ方はまったく異なります。
おかげさまでとても充実した買い物(散財)となりました。

休憩はエア本屋いか文庫主催、食堂いか文庫で。

IMG_0321IMG_0322

おしながきから注文をすると、いか文庫スタッフが駆け寄って来てくださり、
おつまみにちなんだ本の一節を朗読していただけるというサービス。

おつまみの写真をじっと見つめながら朗読を聞いていると、
エアで食べたような気持ちになり、終わると「ごちそうさまでした」と言ってしまう、
そんな食堂。ついでに朗読していただいた本も買えました。

初回の手探り感もありながら、とても誠意あるイベントだったと思います。
継続は力なり。また次回も開催されますよう、楽しみにしています。

本屋じゃないけど、駅弁本屋やりたい!!

投稿日時:

2016年今年もよろしくお願いいたします

長いお正月休みを終え、加藤製本も本格始動しています。
明けましておめでとうございます。

デザイナーの大原大次郎さんを特集した「アイデア No.372」発売記念として、
奥渋谷にあるSHIBUYA PUBLISHING & BOOK SELLERSさんでの展示をみに、
アイデア購入ついでに寄りましたら、大原さんの展示はもちろん良かったのですが、
それとは別に素敵なカレンダーを見つけてしまいました。

しかも、すでに一月に入っていたので割引されていた!
これです。
http://ryuokubo.jp/calender/
イラストレーターであるオオクボリュウ氏のオリジナルカレンダー。

マジックで殴り書きしたような斬新なイラストがかっこいいのはさることながら、
ときめきましたのは、そのベースになっているカレンダーのデザインが、
製造業の現場にありがちな、ごりっとした典型的スタイル。

誠に失礼ながら同業者の皆様からいただく素敵なカレンダーには
ちょっぴり飽きていたところでした。

ということで、早速、職場にとりつけ。

IMG_0035

 

 

 

 

 

 

 

やった!
おしゃれなのに、製造現場に馴染んだ!!

ちなみに、カレンダーの上にかかげてありますのは、
弊社先代社長による、ありがたいお言葉。

「何か 忘れては いませんか」

いつもはっとさせられる一言です。

皆様、本年も加藤製本を何卒よろしくお願いいたします。
いい製本をたくさん世に出してゆくべく、精進いたします。

投稿日時:

2015年暮れのご挨拶

年末のご挨拶も飛び交っております。師走です。

今年最後の記事は、僭越ではございますが、ひらしゃしんが今年読んだ文芸書のなかでおすすめの本をすっと差し出しまして、締めたいと思います。

余談ですが、加藤製本は得意先に文芸書を扱っている出版社様が多く、製本の種類でいいますと上製本(ハードカバー)を得意としています。巷では持ち運ぶのに重いとか、大きいとか言われてしまいがちですが、よくよく手に持ってみると、実はそんなにでもないような気がします。製紙会社さんの日々の努力により、最近の書籍用紙は嵩高(要は軽い)な紙がたくさん出ているし、芯材(表紙の固い部分)は薄いものもよく使われるようになりました。今一度、本屋さんでハードカバーの本を持ち、目を瞑ってみてください。

「ほら、そんなに重くない(開眼!)」。

二冊、ご紹介いたします。

一冊目は今年の新刊で、第153回直木三十五賞候補でも話題になりました、西川美和氏の「永い言い訳」(文藝春秋刊)。読む前から好きでした。なぜなら葛西薫・増田豊両氏による装丁がほんとうに美しかったので。書名が著者直筆なのも格好いい。グレー、白、青の配色と紙の質感。わたくしはカバー帯を外して読む派なのですが、この本に関してはそのまま。毎日本を開く行為自体が楽しみになる程でした。ジャケ買い推奨。そして内容もそれ以上に楽しめると思います。来年秋に自身監督作品として映画の公開が予定されていますが、そちらも今から楽しみです。いわゆるダメ男の話なのですが、コピーにもあるように「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」。主人公と一緒に反省してまいりましょう!

永い言い訳
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163902142

二冊目は松家仁之氏「火山のふもとで」(新潮社刊)。初版は2012年ですが、手に取るきっかけとなったのは昨年創刊した「つるとはな」という雑誌。編集長が松家氏だったからです(多才!)。内容は建築を勉強した青年が尊敬する建築家の個人事務所で修業をする日々のこと。非常にシンプルなのですが、物語のなかに散りばめられた、創作への思想、描写に出合うたびに背筋の伸びる思いでした(ちょこちょこ差し込まれる食べ物と料理の場面も素敵)。皆が作業に使う鉛筆をナイフで削る場面があるのですが、その音を「さり さり さり」と表現します。わたくしも職場でよく鉛筆を削るのですが、この本を読んで以降、イメージは完全に「さり さり さり」。なんだか製本もうまくなるような気がする! そんな風にモノ作りすら支える、贅沢な一冊でした。

火山のふもとで
http://www.shinchosha.co.jp/book/332811/

弊社は12月29日から1月4日まで冬季休暇をいただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、
来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

投稿日時:

日本文学全集イベントにいってきました!

弊社が製本を担当させていただいております、河出書房新社様の「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」。全三十巻刊行予定中十二巻が出揃ったところで、第Ⅰ期完結記念イベントが新宿サザンシアターで行われました。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20151105113000.html

トーク登壇者は池澤夏樹先生をはじめ、第Ⅰ期最後に刊行された「好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美」
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309728810/
訳者の島田雅彦、円城塔、いとうせいこう、島本理生 各氏。

イベント冒頭、それぞれの現代訳を朗読する様は四人四様、たいへん個性的で、作家さんを通じて今後の読書がより楽しめるような気がしました。

朗読しているその手元にはもちろん、カバーの水色がまぶしい日本文学全集。おばかな感想ですが、自分たちの製本したものが作家さんの手に持たれている様子というのは、思いのほか感動するものですね。開きはどうか、めくりにくくないか、なんだかハラハラしてしまいましたが、皆様流れるようにページをめくってくださってなんだか一安心です(あたりまえ)。

その後、池澤先生を交えたトークも朗らかで、時折苦労話や裏話など。唸りながらも楽しく拝聴。

休憩中には、故・野坂昭如氏の歌う「マリリン モンロー ノーリターン」が流れていました。

いろいろあった一日でした。

年明けすぐに始まる第Ⅱ期も楽しみです。製本作業もがんばります。

投稿日時:

神楽坂モノガタリOPEN!

加藤製本の最寄り駅のひとつである、神楽坂駅の目の前に「神楽坂モノガタリ」という本のお店がオープンしたとのことで、早速見にいってきました!出口1(赤城神社のほう)からほんとうに目の前!のマンションの二階にあります。

IMG_2042

昨年11月にオープンしたかもめブックス、ラカグに続き、ご近所に本と出合う新しい場所ができるのは嬉しいことです。

「神楽坂モノガタリ」はブックカフェ。店内の本は購入可能です。許可を頂いてちょっとだけ撮影させていただきました。こんな感じのお店です。

IMG_2041IMG_2037IMG_2038IMG_2040

おしゃれ! テラス席もあった!

落ち着いた雰囲気で、珈琲を淹れるカウンターにはマスターらしき人もおりました。ビールやウィスキーもあるそうです。初日からたくさんのお客様がくつろいでました。

見所はなんといっても本棚。選書を手がけるのは久禮書店〈KUREBOOKS〉の久禮亮太さん。今年一月に店長として勤めていたあゆみブックス小石川店を退職され、フリー書店員としての活動を始められたとのこと(久禮さんの活動について詳しくは青弓社さんHP掲載中のこちらをごらんください こんにちは、久禮書店です)。

カフェに合わせて、文学、美術、音楽、映画、まちや暮らしなど。カルチャー系のジャンルが多い印象の本棚には硬軟織り交ぜた、しっかりとした選書が伺えました。これからお客様の様子をみながらメンテナンスを繰り返していくとのこと。久禮さんも週の半分はレジに立つ予定だそうなので、いろいろとお話を聞いたり、リクエストしたり、本を介したお店の人とのコミュニケーションも楽しみですね。

これからどんな風に変化していくのか、期待しています。

投稿日時:

竹尾見本帖 at Itoya イベントスペース「紙と製本」

9月1日からスタートしました、竹尾見本帖 at Itoya イベントスペース「紙と製本」を見てまいりました。弊社も少しだけお手伝いしております。

IMG_1961

今年6月にグランドオープンしたばかりの銀座・伊東屋。7階には「竹尾見本帖 at Itoya」が入りました。そのイベントスペースでの開催です。

和綴じ本、上製本、夫婦箱、秩、特装合本、スリップケース、蛇腹折り、フランス装など。様々な製本仕様の作品を見ることができます。美篶堂さんのノートも販売。ひとつめの写真の作品は売ってました(!)。竹尾さんの九十周年記念のときの出版物なのだそうです。

IMG_1963 IMG_1964 IMG_1966

 

みなさんの身近な存在である、本。

それを形にする(綴じる)ことを「製本」といいますが、実際はどんな作業なのでしょう。それを解説してくれるのがこのパネルです。表紙と中身をバラバラにしたサンプル付き(下に並んでいるグレーのもの)。ちょっとはイメージが湧きますか?ね?

IMG_1967

うーん、分かるような分からないような。実際の作業工程のね、イメージが掴めない! そんな感想ではないでしょうか(笑)。製本とはなかなかに複雑なものです。

そこでお役に立てると思われますのが、こちら!

IMG_1969

おや、なにか観てますね。

この度、弊社より一冊の本ができるまでの工場内製造工程を映像で提供させていただきました。撮影してくださったのは新潮社写真部様。先日発売された「村上さんのところ」という並製本のラインをメインに、上製本、手作り製本、箔押しの工程も少しずつご紹介しております。なかなか見応えがあると思います。

ということで、銀座へ遊びに行く際にはぜひ、銀座・伊東屋にもお立ち寄りください。神保町や青山とはまた違う、「竹尾見本帖 at Itoya」の新鮮な様子も必見です!

イベント会期は10月31日(土)まで。詳細はこちらをご参照ください。 
http://www.takeo.co.jp/news/detail/001238.html

 

IMG_1970