投稿日時:

本のフェスにいってきました!

本と人との新しい出合いの場として、「本のフェス」というイベントが初回を迎えました。
イベントの概要がこちらから http://www.cpfine.com/honnofes.html

場所は京都造形芸術大学の外苑キャンパス。

IMG_0316

 

 

 

 

 

 

平日の昼にも関わらず、たくさんの人たちが集まっていました。
正門を入って早々、怪しげな本棚に遭遇。

IMG_0327

 

 

 

 

 

 

 

 

ひとり お籠もり読書空間「厨子本棚」だそうです。
内側からの風景はこんな感じ。

IMG_0317

 

 

 

 

 

 

本の背が迫ってきます。
すごい狭いのに、すごく落ち着く!

厨子本棚から解放されるやいなや、
目の前に見えるは文禄堂荻窪店さんのBook Route!

IMG_0319

 

 

 

 

 

 

噂の移動式本屋。現物を見たのは初めてだったので、しばし閲覧。
まだ正門入ってすぐなのに見応えがあって進まない感満載。たいへんだ。

B&Bブースや駅弁本屋の皆様を横目に見ながら建物内へ。
ときめきの本の雑誌商店街をさっと流して(本当はもっとじっくり見たかった!)、
目的地はここです。百書店の本屋祭!

IMG_0320

 

 

 

 

 

 

全国の本屋さんから「もし自分の店で10冊だけ本を売るなら」をテーマに集まった
気鋭の本たち。なんだかより輝いて見えますね。
弊社で製本した本もたくさんありました。嬉しいです。

IMG_0323

 

 

 

 

 

 

本を届けたい人たちの気持ちがていねいに伝わる場所でした。
同じ本を買うのでも、場所によってその買われ方はまったく異なります。
おかげさまでとても充実した買い物(散財)となりました。

休憩はエア本屋いか文庫主催、食堂いか文庫で。

IMG_0321IMG_0322

おしながきから注文をすると、いか文庫スタッフが駆け寄って来てくださり、
おつまみにちなんだ本の一節を朗読していただけるというサービス。

おつまみの写真をじっと見つめながら朗読を聞いていると、
エアで食べたような気持ちになり、終わると「ごちそうさまでした」と言ってしまう、
そんな食堂。ついでに朗読していただいた本も買えました。

初回の手探り感もありながら、とても誠意あるイベントだったと思います。
継続は力なり。また次回も開催されますよう、楽しみにしています。

本屋じゃないけど、駅弁本屋やりたい!!

投稿日時:

2016年今年もよろしくお願いいたします

長いお正月休みを終え、加藤製本も本格始動しています。
明けましておめでとうございます。

デザイナーの大原大次郎さんを特集した「アイデア No.372」発売記念として、
奥渋谷にあるSHIBUYA PUBLISHING & BOOK SELLERSさんでの展示をみに、
アイデア購入ついでに寄りましたら、大原さんの展示はもちろん良かったのですが、
それとは別に素敵なカレンダーを見つけてしまいました。

しかも、すでに一月に入っていたので割引されていた!
これです。
http://ryuokubo.jp/calender/
イラストレーターであるオオクボリュウ氏のオリジナルカレンダー。

マジックで殴り書きしたような斬新なイラストがかっこいいのはさることながら、
ときめきましたのは、そのベースになっているカレンダーのデザインが、
製造業の現場にありがちな、ごりっとした典型的スタイル。

誠に失礼ながら同業者の皆様からいただく素敵なカレンダーには
ちょっぴり飽きていたところでした。

ということで、早速、職場にとりつけ。

IMG_0035

 

 

 

 

 

 

 

やった!
おしゃれなのに、製造現場に馴染んだ!!

ちなみに、カレンダーの上にかかげてありますのは、
弊社先代社長による、ありがたいお言葉。

「何か 忘れては いませんか」

いつもはっとさせられる一言です。

皆様、本年も加藤製本を何卒よろしくお願いいたします。
いい製本をたくさん世に出してゆくべく、精進いたします。

投稿日時:

2015年暮れのご挨拶

年末のご挨拶も飛び交っております。師走です。

今年最後の記事は、僭越ではございますが、ひらしゃしんが今年読んだ文芸書のなかでおすすめの本をすっと差し出しまして、締めたいと思います。

余談ですが、加藤製本は得意先に文芸書を扱っている出版社様が多く、製本の種類でいいますと上製本(ハードカバー)を得意としています。巷では持ち運ぶのに重いとか、大きいとか言われてしまいがちですが、よくよく手に持ってみると、実はそんなにでもないような気がします。製紙会社さんの日々の努力により、最近の書籍用紙は嵩高(要は軽い)な紙がたくさん出ているし、芯材(表紙の固い部分)は薄いものもよく使われるようになりました。今一度、本屋さんでハードカバーの本を持ち、目を瞑ってみてください。

「ほら、そんなに重くない(開眼!)」。

二冊、ご紹介いたします。

一冊目は今年の新刊で、第153回直木三十五賞候補でも話題になりました、西川美和氏の「永い言い訳」(文藝春秋刊)。読む前から好きでした。なぜなら葛西薫・増田豊両氏による装丁がほんとうに美しかったので。書名が著者直筆なのも格好いい。グレー、白、青の配色と紙の質感。わたくしはカバー帯を外して読む派なのですが、この本に関してはそのまま。毎日本を開く行為自体が楽しみになる程でした。ジャケ買い推奨。そして内容もそれ以上に楽しめると思います。来年秋に自身監督作品として映画の公開が予定されていますが、そちらも今から楽しみです。いわゆるダメ男の話なのですが、コピーにもあるように「愛するべき日々に愛することを怠ったことの、代償は小さくない」。主人公と一緒に反省してまいりましょう!

永い言い訳
http://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163902142

二冊目は松家仁之氏「火山のふもとで」(新潮社刊)。初版は2012年ですが、手に取るきっかけとなったのは昨年創刊した「つるとはな」という雑誌。編集長が松家氏だったからです(多才!)。内容は建築を勉強した青年が尊敬する建築家の個人事務所で修業をする日々のこと。非常にシンプルなのですが、物語のなかに散りばめられた、創作への思想、描写に出合うたびに背筋の伸びる思いでした(ちょこちょこ差し込まれる食べ物と料理の場面も素敵)。皆が作業に使う鉛筆をナイフで削る場面があるのですが、その音を「さり さり さり」と表現します。わたくしも職場でよく鉛筆を削るのですが、この本を読んで以降、イメージは完全に「さり さり さり」。なんだか製本もうまくなるような気がする! そんな風にモノ作りすら支える、贅沢な一冊でした。

火山のふもとで
http://www.shinchosha.co.jp/book/332811/

弊社は12月29日から1月4日まで冬季休暇をいただきます。
何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

本年中のご愛顧に心より御礼申し上げますとともに、
来年も変わらぬお引き立てのほどよろしくお願い申し上げます。

投稿日時:

日本文学全集イベントにいってきました!

弊社が製本を担当させていただいております、河出書房新社様の「池澤夏樹=個人編集 日本文学全集」。全三十巻刊行予定中十二巻が出揃ったところで、第Ⅰ期完結記念イベントが新宿サザンシアターで行われました。
https://www.kinokuniya.co.jp/c/label/20151105113000.html

トーク登壇者は池澤夏樹先生をはじめ、第Ⅰ期最後に刊行された「好色一代男/雨月物語/通言総籬/春色梅児誉美」
http://www.kawade.co.jp/np/isbn/9784309728810/
訳者の島田雅彦、円城塔、いとうせいこう、島本理生 各氏。

イベント冒頭、それぞれの現代訳を朗読する様は四人四様、たいへん個性的で、作家さんを通じて今後の読書がより楽しめるような気がしました。

朗読しているその手元にはもちろん、カバーの水色がまぶしい日本文学全集。おばかな感想ですが、自分たちの製本したものが作家さんの手に持たれている様子というのは、思いのほか感動するものですね。開きはどうか、めくりにくくないか、なんだかハラハラしてしまいましたが、皆様流れるようにページをめくってくださってなんだか一安心です(あたりまえ)。

その後、池澤先生を交えたトークも朗らかで、時折苦労話や裏話など。唸りながらも楽しく拝聴。

休憩中には、故・野坂昭如氏の歌う「マリリン モンロー ノーリターン」が流れていました。

いろいろあった一日でした。

年明けすぐに始まる第Ⅱ期も楽しみです。製本作業もがんばります。

投稿日時:

本棚を見ると? 2

さて、この妖怪メダル、ホログラム箔が押してあるものをレアメダルなどというそうで、子供たちがこぞって欲しがるとのことです。レジェンドといわれるレア中のレアメダルともなると、100人中100人の子供が、爺さまが普段、大事そうに磨きをかけている人間国宝の壺ですらあっさりと交換することをためらわない?ほどのもののようです。

先日、とある箔のメーカーさんが来て、オンデマンドの箔押し機というものを紹介してくれました。版が要らずにバリアブルに箔押しができるという、なかなかびっくりのすごいもの
です。しかしながら、その箔押し機をどこにどのように提案して売り込めば良いのか、という悩みがあるそうです。

箔メーカーさんには、妖怪メダルにホログラム箔を使うと大人気になるなどということは想像すらつきません。ましてやバリアブルともなると、個々の異なるニーズに応えることとなるので、もはや1社のメーカーの手におえるものではありません。答えを知っているのは市場だけでしょう。

話を本棚に戻しましょう。私の本棚には何もコロコロばかりがコロコロしているわけではありません(苦笑)。他にも世界で初めてつくったPURの無線上製本(丸背)とか、丸背のフランス装などというものもあります。

これらの本は、この先おそらく、造本史に記されることもなければ、神保町の古書店や研究者の方々から評価を受けることもないものでしょう。

でも、私にとっては保存しておかずにはいられない、どれもかけがえのない本ばかりです。それらは、私たちが開発に成功した、日本が世界に誇れる製本技術の証であり、私にとっては何よりも、共に働く仲間たちとともに苦労してつくりあげた “レジェンドメダル” ならぬ “レジェンドブック” の数々。時にそれらをじっと眺め、「製本人ってまんざらでもない」って思ったりもします。

(終)

加藤隆之

バックナンバー:本棚を見ると? 1

投稿日時:

本棚を見ると? 1

本棚を見ればその人のことが良くわかるといいます。

もし、本棚探偵などという人がいたとすれば、「この専門書の数々から推察するに、あなたの職業は○○で、勤務先の場所はこの書店カバーから察するに××ですね。すると会社が絞り込めます。あなたが犯行時刻に会社にいなかったことは明らかです」などというのかもしれません。

そんな探偵が私の本棚を覗いたとしたら、極めて不可解なケースに思うことでしょう。私の本棚の中身は一般的なものとはかなり異なるか
らです。

10代の女性向けの小説もあれば、コロコロコミックなんて小学生が読むマンガもたまに入っていたりもします。きっと本棚探偵さんから、「むむっ、これは私の領域ではありません。まずは専門医にご相談を。お気を確かに~」とかいわれそうです。

つまるところ、私の本棚には、製本屋という職業のおかげで、内容とは無関係に本が収納されています。コロコロコミックのような雑誌にはシールやらハガキやら折図やらいろんなものが綴じられていて、これって工夫しているなあー、なんて感心させられることがよくあります。〝製本探偵”という職業はありませんが、まあそんなものです。

ですから、コロコロコミックの表紙に「特典、限定妖怪メダル付き」なんて書いてあると、「おおっ!メダルだって、マジか?? どうやって入れてあるのかな?」なんて妙なテンションで食いついたりするわけです。(続く)

加藤隆之

投稿日時:

神楽坂モノガタリOPEN!

加藤製本の最寄り駅のひとつである、神楽坂駅の目の前に「神楽坂モノガタリ」という本のお店がオープンしたとのことで、早速見にいってきました!出口1(赤城神社のほう)からほんとうに目の前!のマンションの二階にあります。

IMG_2042

昨年11月にオープンしたかもめブックス、ラカグに続き、ご近所に本と出合う新しい場所ができるのは嬉しいことです。

「神楽坂モノガタリ」はブックカフェ。店内の本は購入可能です。許可を頂いてちょっとだけ撮影させていただきました。こんな感じのお店です。

IMG_2041IMG_2037IMG_2038IMG_2040

おしゃれ! テラス席もあった!

落ち着いた雰囲気で、珈琲を淹れるカウンターにはマスターらしき人もおりました。ビールやウィスキーもあるそうです。初日からたくさんのお客様がくつろいでました。

見所はなんといっても本棚。選書を手がけるのは久禮書店〈KUREBOOKS〉の久禮亮太さん。今年一月に店長として勤めていたあゆみブックス小石川店を退職され、フリー書店員としての活動を始められたとのこと(久禮さんの活動について詳しくは青弓社さんHP掲載中のこちらをごらんください こんにちは、久禮書店です)。

カフェに合わせて、文学、美術、音楽、映画、まちや暮らしなど。カルチャー系のジャンルが多い印象の本棚には硬軟織り交ぜた、しっかりとした選書が伺えました。これからお客様の様子をみながらメンテナンスを繰り返していくとのこと。久禮さんも週の半分はレジに立つ予定だそうなので、いろいろとお話を聞いたり、リクエストしたり、本を介したお店の人とのコミュニケーションも楽しみですね。

これからどんな風に変化していくのか、期待しています。

投稿日時:

中途採用のお知らせ

以下の職種を募集いたします。
ご応募お待ちしております。

————————————-

【職種】機械の保守点検技術者/経験者のみ

【採用人数】二名

【就業場所】事業所所在地に同じ(転勤の可能性なし)
〒162-0811 東京都新宿区水道町4-3
有楽町線江戸川橋 徒歩五分
東西線神楽坂駅  徒歩六分

【業務内容】

●機械修理及びメンテナンス作業 その他

【雇用形態】正社員 ※年齢により準社員及び嘱託の場合もあり

【給与】¥180.000~300.000(要相談)

【選考方法】書類選考後、面接及び試験

ご応募、お問合わせは電話でお気軽にご連絡ください。
03-3268-0211(担当:小林)

投稿日時:

第153回 芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景3

今回は懇親パーティーで振る舞われる料理について書きます。

この賞にまつわる特別なメニーはありません。パーティー料理です。ただし、ここ帝国ホテル。吉兆、なだ万などの名店がその場で調理して提供してくれます。

一番人気はなんといっても鮨です。これは東京會舘の時もそうでした(ちなみに東京會舘の名物はカレーライスです)。職人さんたちも大忙し。うまく説明できませんが、私の舌が記憶している一流の職人さんが握る味がしっかりと確認できました。続いて食したのは、その場で揚げる天ぷら。揚げたてを焦ってすぐに食べてはいけません。そんなことをすると、熱くて味もわからぬままハフハフしてしまい、「あいつ、やっちまったな」と思われてしまいます。ましてやここは格調高き帝国ホテル、ハフハフ君に成り下がった姿をそう簡単にさらすわけにもいきません。

さて、この天ぷら、衣を大きくして立派に見せるような天ぷらとはちがいます。素材のうまみを閉じ込める程度の薄い衣です。塩でいただきました。この塩が・・・ズバリ芥川賞ものです。塩がこの世で主役になれるのは、歯茎を引き締める時ぐらいだろうと思っていた自分が愚かでした。この塩があればたいていの人は料理名人になれそうな? ほどです。

この他に頂いたのはフカヒレ入り中華そば、北京ダック、熊本産黒毛和牛のホホ肉を黒酢で味付けしたもの。個人的にはこの黒毛和牛が3つ星です。酢といえば豚とばかり思っていましたが、私のなかにこの日、 酢豚<酢牛 という新たな法則が加わりました。腕に自信のある方はトライしてみてください。

最後の〆は讃岐うどんで。囲み取材を受けている又吉さん、胴上げされている羽田さんを見ながらという、不思議な讃岐うどんをいただく贈呈式ならではの光景でした。

(終)

加藤 隆之

バックナンバー:芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景1
バックナンバー:芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景2

投稿日時:

竹尾見本帖 at Itoya イベントスペース「紙と製本」

9月1日からスタートしました、竹尾見本帖 at Itoya イベントスペース「紙と製本」を見てまいりました。弊社も少しだけお手伝いしております。

IMG_1961

今年6月にグランドオープンしたばかりの銀座・伊東屋。7階には「竹尾見本帖 at Itoya」が入りました。そのイベントスペースでの開催です。

和綴じ本、上製本、夫婦箱、秩、特装合本、スリップケース、蛇腹折り、フランス装など。様々な製本仕様の作品を見ることができます。美篶堂さんのノートも販売。ひとつめの写真の作品は売ってました(!)。竹尾さんの九十周年記念のときの出版物なのだそうです。

IMG_1963 IMG_1964 IMG_1966

 

みなさんの身近な存在である、本。

それを形にする(綴じる)ことを「製本」といいますが、実際はどんな作業なのでしょう。それを解説してくれるのがこのパネルです。表紙と中身をバラバラにしたサンプル付き(下に並んでいるグレーのもの)。ちょっとはイメージが湧きますか?ね?

IMG_1967

うーん、分かるような分からないような。実際の作業工程のね、イメージが掴めない! そんな感想ではないでしょうか(笑)。製本とはなかなかに複雑なものです。

そこでお役に立てると思われますのが、こちら!

IMG_1969

おや、なにか観てますね。

この度、弊社より一冊の本ができるまでの工場内製造工程を映像で提供させていただきました。撮影してくださったのは新潮社写真部様。先日発売された「村上さんのところ」という並製本のラインをメインに、上製本、手作り製本、箔押しの工程も少しずつご紹介しております。なかなか見応えがあると思います。

ということで、銀座へ遊びに行く際にはぜひ、銀座・伊東屋にもお立ち寄りください。神保町や青山とはまた違う、「竹尾見本帖 at Itoya」の新鮮な様子も必見です!

イベント会期は10月31日(土)まで。詳細はこちらをご参照ください。 
http://www.takeo.co.jp/news/detail/001238.html

 

IMG_1970

投稿日時:

第153回 芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景2

贈呈式の始まりです。まずは賞の贈呈。続いて選考委員からの祝辞。選考で満票が入った直木賞の「流」はこれまでの受賞作のなかでも図抜けて評判が良いようです。

さて、いよいよメインの受賞者のスピーチです。何度も報道されているので内容にはふれませんが、壇上の受賞者の写真を撮ろうとカメラを構えたところ、あまりのライトの強烈さで顔が真っ白に。カメラ性能の良いスマホですが、報道陣のライト攻勢の前に撃沈…。

又吉さんのスピーチにお笑いは一切なし。作家・又吉直樹の印象をより強くしたように思えました。何よりも配布された小冊子に書かれていた文章が秀逸で(ここでは著作権上、公開できませんが)、感心しました。贈呈式の締めは日本文学振興会の松井清人・理事長の挨拶。この後、同じ会場での懇親パーティーに移行します。

改めてよく見ると、有名作家の方があちらこちらに。津本陽さん、宮部みゆきさん、村山由佳さん…、いつも大変お世話になっている大沢在昌さんがいらしたのでご挨拶。やはり、印象に残ったのはカラフルでキラキラ感がアップしていた志茂田景樹さん。孔雀の間のゴージャスな照明が引き立てます。いやーすごいです…。(続く)

P.S. AGFでは又吉直樹さんのサイン入り「火花」や「深い珈琲エッセイ」9作品が付いたBOOKボトルのプレゼントキャンペーンをやっています(31日まで)ご興味のある方は以下のサイトにて応募できます。http://blendy.agf.jp/bookbottle-cp/?_ga=1.110540741.1952855192.1414455883

加藤 隆之

バックナンバー:芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景1

投稿日時:

第153回 芥川賞・直木賞の贈呈式のリアルな風景1

「火花」が話題を呼んだ第153回の芥川賞・直木賞の贈呈式が21日に行われました。

この贈呈式は長い間、東京會舘で行われてきたのですが、現在は建て替え中ということで、帝国ホテルで行われています。又吉直樹さんのような話題性のある人物が受賞した時には、会場からあふれんばかりの来場者ということも過去にはありました。ただし、今回行われたのは、なんといっても国内でも屈指の収容人数を誇る帝国ホテルの孔雀の間です。小規模な運動会ならできそうな広さです。そう簡単にいっぱいになりません。

孔雀の間といえば、かのフランク・ロイド・ライトが設計した旧本館の流れを汲むデザインが施された由緒正しき間であります。テラコッタの美しい装飾、重みがちがいます。さすがに運動会向きではないでしょう。

さて、贈呈式ですが、出席するのは主催者と受賞者はもちろんのこと。受賞者の家族や友人、歴代の受賞者、出版界の方々、文藝春秋の取引会社の方々などで、招待状を送られた方々です。

受付で招待状を渡し、記帳するとシールをいただけるので、それを見えるところに貼ると入場できます。会場入り口付近と舞台周辺は比較的混みますが、それ以外は比較的余裕があるので、この式に30回以上出席させていただいている私は、本能的に人口密度の低い端の方へと避難します。それにしても今回はなんという報道カメラの数でしょう。

入口で渡されたドリンクを片手にしばし歓談していると、何やら奥の方の扉が開き、東山彰良さん、羽田圭介さん、又吉直樹さんたち受賞者の入場する姿が見えました。他の受賞者と比べて又吉さんは小柄で目立ちにくいのですが、あの独特なヘアースタイルのおかげで私のいた、やや遠くからでもすぐにわかりました。(続く)

加藤 隆之

受付すると頂けるシール
受付すると頂けるシール

受賞者のコメントが掲載された小冊子
受賞者のコメントが掲載された小冊子
投稿日時:

小ロットに強い、カバー帯かけまでの全自動ラインとは

加藤製本と西岡製作所が共同開発した新型機の実力

これまで、丁合機からバインダー、三方断裁にいたるラインの切り替えは自動化され、製本作業の効率化が図られてきました。

ただ、残念なことにカバー・帯を掛ける機械(トライオート)が自動化されていなかったため、ペーパーバックスタイルの品物しか、効率よく生産することができませんでした。

このため、例えば300部の本を作る場合、カバー・帯を掛けて出荷するとなると、生産時間よりも機械の切り替え時間の方が長くなり、慣れている作業者が手掛けした方がかえって効率が良い、ということが起こっていたわけです。これでは小ロットの時代にふさわしい生産のあるべき姿とはいえません。

このことはちょうど、高速道路を走っている車が料金所の5㎞手前で渋滞に巻き込まれ、1時間で行けると思っていた道のりが1時間半かかったということと似ています。つまりこの料金所に相当するボトルネックがカバー・帯掛け作業だったというわけです。

製本というと通常、バインダーのような大型の主力機が注目されがちで、トライオートという “隠れた非効率さ” に目が向けられるということはあまりなく、ましてやこれを真剣に解消しようという試みはありませんでした。

それならば自分たちがこの解消に挑戦しよう。それがすべての始まりでした。そして、トライオートの製造元である西岡製作所に働きかけ、およそ1年のもの間、実験や試行錯誤を繰り返し、新たなトライオートの誕生にいたりました。

いまでは、かつてオペレータが手動で切り替えていた15か所をすべて自動で、しかも同時に切り替えることができ、セット替え時間が最大1/10にまで短縮されました(弊社比)。実際に見学に訪れたある大手出版社のベテラン社員の方は実際に腕時計で時間を計測し、カップラーメンができるより早く機械の切り替え作業が終わってしまったことに「えーっ!もう終わったの?」と驚かれたようす。弊社の担当が「この機械はメモリー機能もあり、一度行った作業を記憶できますので、2回目以降はもっと早くできます」と説明するとさらに驚かれたようでした。

このトライオートの特徴はこれだけではありません。今回、丁合から始まる前工程と連結され、すべて自動で切り替えができる初めての一貫製本ラインにもなりました。このほか、投げ込みは売上カード以外に4丁できます。さらに160mmまでの幅広の帯にも対応できます。この機械に興味のある方は弊社にご一報いただければご案内いたします。

また、9月11日に開かれるIGAS2015(国際印刷総合機材展、於:東京ビックサイト)で、初めて一般に公開されます。

加藤 隆之

投稿日時:

中途採用のお知らせ

以下の職種を募集いたします。
ご応募お待ちしております。

◎以上の募集は締め切りました(2015.07.23)
————————————-

【職種】経理(総務関係含む)/経験者

【就業場所】事業所所在地に同じ(転勤の可能性なし)
〒162-0811 東京都新宿区水道町4-3
有楽町線江戸川橋 徒歩五分
東西線神楽坂駅  徒歩六分

【業務内容】

●伝票作成(手書き伝票含む)
●仕訳入力(TKCシステム)
●入出金管理
●銀行関係業務(インターネットバンキング含む)
●月次・年次決算業務
●税務申告業務
●給与計算・社会保険・労災関係業務
●資料作成
●不動産管理
●機械リリース会計業務
●その他、事務

【雇用形態】正社員

ご応募、お問合わせは電話でお気軽にご連絡ください。
03-3268-0211(担当:小林)

弊社HPメンテナンス中のため、
最新情報はこちらにまとめております。ご了承ください。

投稿日時:

製本セミナーのお知らせ

この度、加藤製本主催の製本セミナーを開催することになりました。
講師は弊社社長の加藤とゲストも予定しております。

申込み方法は、電話、メール、FAXで承っております。

電話:03-3268-0211
メール:r-mitsui@katoseihon.com
FAXの場合は以下のPDF二枚目の申込み用紙をご利用ください。

たくさんのご応募お待ちしております!

担当:三井